味にふくらみと旨みが出てきました 売り込み 静岡流の本流 藤枝の名酒 1.8L 特別純米 喜久醉 味にふくらみと旨みが出てきました 売り込み 静岡流の本流 藤枝の名酒 1.8L 特別純米 喜久醉 twenty65.ac.uk,2001円,「味にふくらみと旨みが出てきました」,1.8L,【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉,特別純米,/epiphenomenal1552851.html,日本酒・焼酎 , 日本酒 , 純米酒 2001円 「味にふくらみと旨みが出てきました」 【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉 特別純米 1.8L 日本酒・焼酎 日本酒 純米酒 2001円 「味にふくらみと旨みが出てきました」 【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉 特別純米 1.8L 日本酒・焼酎 日本酒 純米酒 twenty65.ac.uk,2001円,「味にふくらみと旨みが出てきました」,1.8L,【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉,特別純米,/epiphenomenal1552851.html,日本酒・焼酎 , 日本酒 , 純米酒

味にふくらみと旨みが出てきました 売り込み 静岡流の本流 藤枝の名酒 1.8L 送料無料でお届けします 特別純米 喜久醉

「味にふくらみと旨みが出てきました」 【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉 特別純米 1.8L

2001円

「味にふくらみと旨みが出てきました」 【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉 特別純米 1.8L





 ■ 商品説明 ■
静岡県藤枝市 青島酒造

ふくよかな旨みとやわらかな口当たり、軽快なのど越しが特長です。
飲みやすい、所謂「静岡型」の純米酒です。

蔵元からの説明文には「静岡型」という言葉がよく出てきます。
静岡型の酒質の特徴は「品の良いほのかな香り・爽やかな旨みとやわらかな口当たり、軽快でキレのよいのど越し」と表現されます。

程よい香りがあり、お米の旨味もしっかりと感じられますが、変なクセもありませんので食中酒としてもピッタリです。
これは普通酒から純米大吟醸に至るまで貫かれています。 

蔵元の一言コメント
「味にふくらみと旨みが出てきました」

~データ~
原料米: 麹米:山田錦 掛米:トヨニシキ 精米歩合:30% 日本酒度:+6 酸度:1.3 アルコール:15~16% 使用酵母:静岡酵母


青島酒造の酒造りの理念は、「酒造りは米作りから」。
酒造りとは醸造期の冬だけでなく、米作りのための種籾を選ぶ春から稲刈りの秋までを含め、一年を通して醸していくものである。という信念のもと、平成8年に近隣の稲作農家と共に「青島酒造酒米プロジェクト」として理想の酒米作りへの挑戦を始めました。
まだまだ試行錯誤の途中ですが、夢はふくらみます。

蔵元と近隣の農家の松下さんが無農薬有機栽培で作った山田錦(松下米と呼んでいます)で醸した「純米大吟醸松下米40、純米吟醸松下米50」もございます。

喜久醉のこだわりのひとつに”手造り”ということがあります。
結構抽象的な言葉ですが、青島酒造では
”人の手が直接原料に触れる米洗いと麹造りは人の手から離してはいけない”
という信念のもと酒造りをしています。これはお酒を単に造っているのではなく、慈しみの心を持って大切に育てている、という考えに基づいています。

蔵元からの説明文には「静岡型」という言葉がよく出てきます。
静岡型の酒質の特徴は「品の良いほのかな香り・爽やかな旨みとやわらかな口当たり、軽快でキレのよいのど越し」と表現されます。

香りが控えめで酸味が少ないので飲み飽きしないタイプになっています。

したがって食中酒として最適です。
これは普通酒から純米大吟醸に至るまで貫かれています。

これには軟水である大井川水系南アルプスの伏流水と静岡酵母の働きによるものが大きいですね。

画像はお客さんを連れて蔵見学に行ったときのものです。

「味にふくらみと旨みが出てきました」 【静岡流の本流、藤枝の名酒!】喜久醉 特別純米 1.8L

翻訳や言語について詳しくはこちらもご利用ください: 活用, 多言語例文集, , etc.

bab.laは言語愛好家のためのポータルです。bab.laで55オンライン辞書や活用や多言語のフレーズや翻訳などたくさんのコンテンツが揃っています。新しい言語を勉強して、単語を練習します。海外へ行きたいですか。ここに外国のライフのヒントがあります。